脊柱管狭窄症・すべり症(分離症)

「脊柱管狭窄症・すべり症(分離症)」

脊髄を収納している脊柱管の一部が狭くなり、その中にある神経・血管が圧迫され、痛みとシビレが発生します。脊柱管狭窄症は老化現象の一つとも言われています。症状としては、一定の距離を歩くと腰や足に痛みとシビレが出て休み休みでしか歩けない(間欠性跛行)、立ち上がる際に腰に痛みが出る、腰を反るときに痛みが出る、足が痺れるなどがあります。すべり症(分離症)は成長期のスポーツをしている方に多く治療せずに放置をしておくと年を取っていくうちに悪化し脊柱管狭窄症になることもあります。痛み止めやコルセットなどの保存的治療も良いのですがそれでは、根本的改善とはなりませんので治癒することは難しいと思います。草津骨盤整骨院はそう言った方々のお悩みを解決することが出来ます。腰だけの患部にアプローチするだけではなく、根本的原因の周りの固まってしまった筋肉や関節に手技、ハイボルテージ、超音波治療をして元の状態に戻し歪んだ背骨と骨盤の矯正をして可動域制限のある股関節などにアプローチをします。歪んだお身体を元の状態に戻し血流の巡りを良くしていき患者様に合った治療内容・計画で脊柱管狭窄症・すべり症(分離症)を根本的改善していきます。痛みが改善されてからも自宅でのセルフケアや再発予防のトレーニングをお伝えしますのでご安心ください。治療は痛みがないのでご安心ください。申し訳ございませんが当院ではお1人お1人のお悩みをじっくりお聞きして効果のある施術をさせて頂いているために新規の患者様は1日に3名様迄とさせていただいております。既存のお客様も数多くおられますので「施術を受けてみたい」と思われた方はお早めにお電話で「初めててなのですが、脊柱管狭窄症・すべり症(分離症)の施術を受けたいです」と仰っていただけるとスムーズです。また、予約優先制ですのでご希望の日時を3つほどお考えいただけると助かります。お気軽にお問い合わせください。

 

当院ではこんな方はお断りさえて頂いております。

出来るだけ長くの時間マッサージして欲しい

1回の施術で完全に治してほしい

連絡なしにキャンセル・理由なしにドタキャンされる方

毎回予約時間に遅刻される方

保険だけで治してほしい