肘内障

「肘内障」

肘内障は、肘の靭帯と骨が外れかけた亜脱臼状態のことをいいます。3~5歳に多く女児に多いと言われています。小さいお子様は、関節が固定されていないため不安定で腕を強く引っ張ることや転ぶことや腕を掴んで持ち上げることなど、ふとした瞬間に亜脱臼することがあります。大半は、泣き出すお子様が多いです。肘内障を起こすと腕を動かせなくなるので腕に力が入らず伸ばした状態になります。肘をやや曲げた状態お腹の近くに腕を持ってくると痛みが軽減するため、このような姿勢を取ることが多いです。放置しておくと関節同士が正常な状態に戻らず付くので変形します。こういった症状があるとすぐ治療院に行くべきです。肘内障の治療は、徒手整復で治せますので手術などは不要です。再発する可能性がありますので、発症後2~3日は外で遊ぶことを控えた方がいいと思います。