捻挫

「捻挫」

外力が加わることにより、関節を支えている靭帯、軟部組織、軟骨が損傷することを言います。損傷の多くは、靭帯の緩みであり、一部の断裂なのでレントゲン撮影には写ることは難しいです。MRIやCTをおススメします。手関節や足関節、肩関節や膝関節などあらゆる関節で発症します。主に、症状は患部の腫れと痛みです。損傷が大きい程強くなります。皮下出血や熱感などもあります。

捻挫が発症した時は、RICE処置をしましょう。RICE処置とは、

Rest(安静):運動を中止し、患部を安静にします。

Ice (冷却):氷水などで患部を冷やします。

Compression(圧迫):シビレや皮膚の変色しないように患部を圧迫します。

Elevation(挙上):クッションなどで、患部を心臓の位置より高くあげます。

これらの処置をしておくと炎症が酷くならず、治癒が早いです。

捻挫を放置しておくと患部の痛みと腫れがひどくなり、不安定性・他の組織の損傷・慢性的な痛み・関節の変形が生じるため、早めの治療をお勧めします。

当院は、痛めて伸びてしまった筋肉の修復と再発防止の治療をします。痛めた筋肉と周りの固まってしまっている筋肉に手技、超音波治療、ハイボルテージなどでアプローチをして、治療をしていきます。治療後は、痛めた部位に固定をして日常生活に負担のかからないようにしていきます。捻挫が完治すると再発防止のトレーニングやストレッチをお伝えします。

治療は痛みがないのでご安心ください。申し訳ございませんが当院ではお1人お1人のお悩みをじっくりお聞きして効果のある施術をさせて頂いているために新規の患者様は1日に3名様迄とさせていただいております。既存のお客様も数多くおられますので「施術を受けてみたい」と思われた方はお早めにお電話で「初めててなのですが、捻挫の施術を受けたいです」と仰っていただけるとスムーズです。また、予約優先制ですのでご希望の日時を3つほどお考えいただけると助かります。お気軽にお問い合わせください。

 

当院ではこんな方はお断りさえて頂いております。

出来るだけ長くの時間マッサージして欲しい

1回の施術で完全に治してほしい

連絡なしにキャンセル・理由なしにドタキャンされる方

毎回予約時間に遅刻される方

保険だけで治してほしい方